人妻交姦ゲーム!第8話 ネタバレ感想無料

人妻交姦ゲーム!第8話ネタバレ

人妻交姦ゲーム!第8話を読んだ感想

ぐいぐい攻めてくる男に、人妻が抵抗しつつもだんだん体の方から応じてしまう過程が、エッチに書かれていてよかったです。
「ヤダ」とか「やめて」という女性側の台詞も、まったく無意味なただのうわ言でしかありません。この台詞を聞くと、男性はさらに興奮してしまうものでしょうか。
無駄な抵抗をする女性の言葉や態度は 男性のプライドを満たすのでしょうか?
でも腰をクネラせているこの人妻に関しては 無言の同意を得ているようなもので、無駄な抵抗も男を興奮させるだけですね。
「ダメ」と言って抵抗したという事実があれば、後々のいい言い訳になるのかもしれません。
男性の「辛抱できない」という台詞がでてきますが、これは女性側にはグッとくる言葉です。自分に魅力がある、夢中になってくれていると実感できる台詞だと思います。
男性側は、ただ欲望をそのまま出しているだけでそんなことは考えていないかもしれませんが、この一言はいいと思います。
挿入をダメだと最後の抵抗をする人妻ですが、ここまで触られておいて今更という気がしますが、ついこれは口から出てしまうのは理解できます。
とうとう最後まで許してしまい、よがってしまった人妻ですが、この後もまだまだ責められてしまうだろうと予想しました。

人妻交姦ゲーム!第8話ネタバレを読んだ30代男性の感想

第8話「ダメダメ!入れちゃダメ!!」は、嫌がるわりにはノリノリの雅子の乱れる姿が満載でとてもエロい回でしたね。いままでとは違い雅子と敬三の濡れ場シーンのみで構成され、とても実用性の高い内容となっていました。敬三のテクニックでトロトロになった雅子がドンドン淫乱になっていく様はとてもエロかったです。言葉では嫌がるそぶりを見せますが、表情が全然嫌がっていません。一話からの話の流れがあるからか、雅子のそんな仕草ひとつひとつがとてもエロく見えます。人妻が快楽に溺れる様を描くのがこの漫画本当にうまいです。
まだまだ、今回で雅子と敬三のセッ◯スは始まったばかりですが、次回は第9話「ついに一線を越えてしまった・・・」と副題が書いてあります。今回は、雅子のアソコへ敬三の大きなボッキチ◯ポが挿入されて終わってしまいましたが、題名から想像するに、次回は敬三が雅子のアソコへ中出して、男女の一線を越えるということでしょう。「人妻交姦ゲーム」はエロ漫画にしてはセッ◯スが始まるまでがとても長かくてめちゃくちゃ焦らされました。しかし、それまでの人妻の心情をリアルに描くことで、こちらの気分も高まりより内容に入り込めました。次回の敬三の凄テクでイカされる雅子の姿に最高の期待をしましょう。

 

人妻交姦ゲーム!第9話 ネタバレ感想無料 次へ

人妻交姦ゲーム!第7話 ネタバレ感想無料 前へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です